Amazon Prime video

【ネタバレ無し】AmazonPrimeVideoでマッドマックス怒りのデスロード視聴!おふざけ映画かと思いきや…

マッドマックス怒りのデス・ロード

いや~ようやくAmazonPrimeで見れました!

【マッドマックス 怒りのデス・ロード】

インパクトのありそうな映画でずっと気になってはいたのですが映画館で見るほど気になっている訳では無いし…と迷っている内に公開が終了して映画館から姿を消してしまい、いつしか私の記憶からも居なくなってしまっていた映画です。

 

というのも予告編を見る限りではどうしても北斗の拳のような世紀末ヒャッハー!なハチャメチャおふざけで世界観がシリアスポップなB級映画かと思えてしまうからでした。

 

しか~し!

 

実際に視聴してみるとB級映画どころか監督ジョージ・ミラー氏の思い描く世界観がこれでもかと表現されており、見終わって気付けば即2週目へと突入してしまうほど没入感が高く飛び抜けた完成度を誇る映画となっていました。

アマゾンプライムビデオへの登録はこちらから!

 

【ネタバレ無し】マッドマックス怒りのデスロードの本編冒頭あらすじ

イモータン・ジョー

 

マッドマックスは核兵器によって荒廃してしまった世紀末の地球を舞台としています。

荒廃した世界では放射能の影響で人は寿命の半分しか生きることはできず、地表は砂と汚染された沼に覆われてしまっています。

当然そのような世界で重要となるのは綺麗な水と食料となるわけですがシタデル砦では潤沢な地下水と高い標高にある砦上部によってそのどちらをも確保しています。

 

そしてそのシタデル砦を支配するのがヒュー・キース・バーン演じる【イモータン・ジョー】です。彼は水と食料を文字通り餌とすることによって人々を支配し頭蓋骨(スカル)とV8エンジンを崇拝する独自の宗教組織を構成して周辺地域を牛耳っています。

兵力として寿命の著しく短い男たち【ウォー・ボーイズ】を従えている他に美しい5人の女性達を【ワイブス】と呼び【子産み女】として匿っています。

そしてこのワイブスを巡って巻き起こるのがマッドマックスの本編ストーリーとなっています。

 

荒廃した環境が暴き出す人間の利己的で残忍な本性

ウォー・ボーイズ

 

マッドマックスの最も魅力的なところは大多数の人が「荒廃した地球はこうなるだろうなぁ」という漠然としたイメージを忠実に映像作品として再現できているところです。

そしてリアルに再現するだけではなく、そこから独自に発生した宗教や個々人の考え方なども2時間弱という短い時間の中で効率的に表現させることで我々視聴者に【この世界は本当に存在している】と良い意味で錯覚させてくれます。

 

また現代の常識で考えればぶっ飛んだ考え方や行動をしてしまう登場人物達ですが、不思議と理にかなっているのも「なるほど。荒廃世界で生き残る為には、そうせざるを得ないかもしれないな…」と膝を打たされます。

 

例えば先ほど紹介したシタデル砦の【イモータン・ジョー】は自らの地位や生命を確固たるものにする為に近隣で支配している奴隷達から健康な子供を養子として迎え入れ大きくなるまで育て「ウォー・ボーイズ」として武力としています。

このウォー・ボーイズはイモータン・ジョーの為ならば喜んで殉職しますし、なんなら死ぬことに生きる意味を見出している節すら見受けられます。

ジョーが荒廃した世界では貴重なはずの水や食料を分け与えてまで養子を取るのは一見すると矛盾している行動のように感じますが、その目的はウォー・ボーイズとして武力として自らの地位や安全を確保するためです。

 

では一方でなぜウォー・ボーイズ達はいともたやすくイモータン・ジョーの為に命を投げ捨てることができるのか?

 

それはこの地獄のような世界で、しかも極僅かしか生きられない彼らにとってイモータン・ジョーが【心の拠り所】になってしまっているからです。イモータン・ジョーはことある毎にウォー・ボーイズに対して「名誉ある死に方をすれば魂は英雄の館に招かれる」と説いています。

つまりある意味では「死ねば幸せになれる」と小さな頃から刷り込み続けたわけですね。

 

この為ウォー・ボーイズにとって戦いに行くことはすなわち「幸せを掴むチャンスを得られる機会」程度にしか感じていないわけです。

 

ですのでイモータン・ジョーの為に死ぬことは怖くないですし、言い換えれば自分の為に死ににいっているわけなのです。

 

これは登場人物のほんの一部ですが、このように各人が歪んだ思想を持ちながらも不思議と理にかなっているのが余計に没入感を増加させて夢中にさせてくれます。

 

マッドマックス 怒りのデスロードの総評。SF映画好きな人にオススメ

総合
感動
興奮
怖さ

マッドマックス怒りのデスロードはSF映画が好きな人には是非おすすめしたい作品となっています。

逆に登場人物全ての言動に確実な理由と意味を見出したいというドキュメント思考の人はちょっと苦痛に感じるかもしれません。ただあくまでマッドマックスの舞台は核兵器で荒廃した世界です。その事を頭に入れた上で登場キャラクターの立場になってみれば頭のおかしい行動も不思議と納得できてしまうのでおススメです。

アマゾンプライムビデオへの登録はこちらから!