UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2017年3月26日保有米国株含み損益~トランプの化けの皮が剥がれてきた?~

      2017/03/26

こんにちは。れーさんです。

2017年3月26日時点の保有銘柄含み損益報告です。

前回の報告はコチラ↓

2017年3月12日保有米国株含み損益~配当金の重要性とセーフティーネット効果~

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2017年3月26日保有米国株含み損益および保有資産総額

 

2017.3.26保有銘柄含み損益

2017.3.26保有銘柄含み損益

 

2017年3月26日の保有銘柄含み損益は1091.81ドルの含み益で1ドル=111.23円で計算すると121,442円、投資額のおよそ9.81%の含み益です。

 

2017.3.26保有資産総額

2017.3.26保有資産総額

 

保有資産の総額は日本円に換算して1,377,120円となりました。

※なお保有資産総額は数営業日遅れて表示されます。

 

 

トランプの化けの皮が剥がれてきた?

米下院共和党は24日、医療保険制度改革法(オバマケア)を改廃する法案の採決を断念した。可決に必要な票を確保できなかったためで、トランプ政権が他の政策課題を実行する能力に疑問符が付く結果となった。
オバマケアの撤廃を公約に掲げていたトランプ大統領とライアン下院議長にとって、採決の断念は敗北を意味する。態度を保留していた共和党の保守派や穏健派の説得に失敗した。
ライアン議長は「取り繕うことはしない。われわれには残念な日だ。だがこれが結末ではない」と記者団に語った。
トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対し、可決にはおそらくあと10票足りなかったとし、「オバマケアの混乱が爆発した後に、実に素晴らしいヘルスケア法案が得られるだろう」と話した。
ライアン議長は共和党の形勢立て直しには少し時間がかかるだろうとし、「今後はアジェンダの残りの法案成立に向けた作業に移る。税制改革を進める」と述べた。

病院関連株が急騰
採決断念を受け、病院運営を手掛ける企業の株価は大幅高となった。BIノースアメリカ・ホスピタルズ・コンペティティブ・ピア・グループ指数は5.4%高で終了。メディケイド(低所得者向け医療保険)関連業務を中心に手掛けるセンティーンも5.2%高の68.73ドルとなった。
共和党の法案は、オバマケアの下で拡大されたメディケイドの縮小や補助金の制限で医療保険の予算を大幅に削減することを目指していた。成立すれば、病院や保険会社への打撃となっていた。
共和党の保守派は、より完全なオバマケア撤廃を求めていた。一方の穏健派は、同党の法案では2026年までに無保険者が2400万人増えるとの試算を議会予算局(CBO)が示したことで及び腰になっていた。

水面下でライアン議長を非難
オバマケア改廃の失敗は、共和党が上下両院とホワイトハウスを制しても、党の目標の一致が容易でないことを浮き彫りにした。
トランプ大統領は公にはライアン議長をねぎらい、同議長も大統領の努力に謝意を表明した。しかし政権幹部によると、裏では大統領の側近が法案撤回を巡りライアン氏を非難しているという。
上院司法委員会のグラスリー委員長(アイオワ州)はツイッターへの投稿で、今回の出来事で得られた教訓の一つは「米国の社会政策の大きな変更は超党派で行わなければならない」ことだと指摘した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-24/ONC5RT6VDKHS01

 

選挙戦から就任して以降までずっと仰天するような話題を振りまき続けていた米トランプ大統領ですが、ここ最近少し雲行きが怪しくなってきています。

トランプ大統領は選挙戦中特に医療保険制度改革法である通称「オバマケア」をこれでもかと批判し続けてきました。また同時に移民の徹底排除も公約に掲げていました。

 

しかし移民対策は勢いよく大統領令に署名したものの裁判所からストップをかけられ、オバマケア改革は味方であるはずの共和党に反対されて頓挫してしまいました。

この事態を受けてNYダウは下落を続けています。

つまるところ「トランプ大統領の政策はやっぱり無謀なものばかりなのだろうか?」と投資家達が懐疑的になりはじめているのです。

まぁそもそもトランプ大統領就任後の暴騰自体が若干過熱感を持ったものだったので当然っちゃ当然なのですが(笑)

 

大幅な米企業優遇などを織り込んだ株価になっていたのでもしトランプ大統領の政策が頓挫し続けるようであれば株価は更に下がると思われます。

そうなった場合にアタフタしないよう、今の内から株価が下がれば買い付ける銘柄を品定めしておくことにします。

 

 

スポンサーリンク

 - 週間損益報告 , , , , , , , ,