UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

消費と貯蓄(投資)のバランス

   

スポンサーリンク

このブログを読んでいる人の9割は投資をしている人だと思います。

 

投資をしている人の常識として如何に消費を抑え投資に回すかが重要だという認識があると思います。

というのもカネの基本として多額のカネは更に多くのカネを生むという性質を持っています。ですので今現在の消費を抑え、投資に回しておけば未来の自分が受け取れるリターンの総額は大きくなっていくのです。

 

これは少しでもお金の勉強をした人ならば当たり前の知識で私自身も若い内は極力消費は抑えて投資に回すべきだと思っています。

 

ただそれと同時に最近思っているのが「とは言ってもバランスが大事」だということです。

 

例えば若い時に消費を抑えるのが大事だと言いましたが、じゃぁ最低限の衣食住だけ残して後は全部投資及び貯蓄に回しておけばいいのかと言われるとチョット違う気もします。

カネなんて結局の所生きている内にしか価値の無いものです。

 

ジジイになってから莫大な金を持っていても有効に使えず近寄ってくる人間が怪しく見えてしまうだけですし、かと言って若い内にドカドカ使って極貧老後になれば地獄を見ます。

ちなみに今の日本人はこの「極貧老後」を極端に恐れるあまり「カネは生きている人間にしか価値がない」ということを忘れてしまっているように思います。

 

それもカネの知識が無いあまりにストック(貯金)ばかりを増やそうとしてフロー(不労収入)を増やすことをしようとしません。

 

ストックだけで老後を過ごそうとすれば、それこそ人生の全てを老後の為に捧げるような人生になってしまいます。

 

そして大体そういった考えの人は老後になっても老後の老後が怖くてカネを使う事ができず、しまいには国に多額の相続税を納付することになります。

実はお金は稼ぐことより上手に使うことが何より難しかったりするのです。

 

かのウォーレンバフェットも金を稼ぐ才能は正に天才のそれですが、こと使う才能については平凡なのかなと思っています。実際寿命のさし迫った今になって寄付に資産の殆どを費やすと表明しています。

モチロン寄付や相続が間違った金の使い方だとは言いませんが、やはり自分の生きている内の体験に使ってナンボだと思います。

 

 

まぁ結局何が言いたいかっていうと「稼ぐセンス」は大事だけどそれと同じくらい「使うセンス」も大事だという事です。

 

 

お金…あなたは上手に使えてますか?

 

 

 

スポンサーリンク

 - 株式投資以外の記事 , ,