UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2016年11月06日保有米国株含み損益

      2016/11/06

こんにちは。れーさんです。

2016年10月30日時点の保有銘柄含み損益報告です。

先週の報告はコチラ↓

2016年10月30日保有米国株含み損益

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2016年11月6日保有米国株含み損益

 

2016.11.06保有銘柄含み損益画像

2016.11.06保有銘柄含み損益画像

 

2016年10月30日の保有銘柄含み損益は113.26ドルの含み損で1ドル=103.07円で計算すると11,673円、投資額のおよそ1.20%の含み損です。

 

 

 

トランプの支持率がヒラリークリントンを上回る

 オクトーバーサプライズがどんでん返しにつながるのか。投票日まで残り4日。嫌われ者2人がデッドヒートを繰り広げる米大統領選の勝敗は最後の瞬間までもつれ込みそうだ。トランプ勝利という、まさかの事態が起こりかねなくなってきた。

私用メール問題をめぐって先月28日にFBIが再捜査を発表すると、民主党のヒラリーはみるみる失速。卑猥発言でオダブツとみられていた共和党のトランプが息を吹き返している。ワシントン・ポストとABCテレビの世論調査では支持率が逆転。トランプ46%、ヒラリー45%となった。トランプが上回ったのは7月の候補指名後初めてだ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193184

 

いよいよもって雲行きが怪しくなってまいりました。

もしかすると11月8日の大統領選で史上最低の大統領が誕生してしまうかもしれません。

 

ヒラリーさんのメール問題で最も恐れるべきはトランプブームを再び引き起こしてしまうことです。

大衆が熱狂してしまうと数日では収まりませんので、愚かな有権者が「その場のノリ」でトランプに投票してしまう可能性があります。

 

何はともあれ今は事の成り行きを見守るしかありませんね。

ただどちらが大統領になろうとも私はポジションを解除することはありませんし、頃合いを見て買い増しも行っていくと思います。

 

それだけの地力が米企業にはありますからね。

 

怖いのはトランプが税制を変更したりして含み益にも課税する。とか言いださないかですね(笑)

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 週間損益報告 , , , , , ,