UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2016年10月16日保有米国株含み損益

   

こんにちは。れーさんです。

2016年10月16日時点の保有銘柄含み損益報告です。

先週の報告はコチラ↓

2016年10月9日保有米国株含み損益

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2016年10月16日保有米国株含み損益

 

2016.10.15保有銘柄含み損益画像

2016.10.16保有銘柄含み損益画像

 

2016年10月16日の保有銘柄含み損益は8.74ドルの含み益で1ドル=104.17円で計算すると910円、投資額のおよそ0.09%の含み益です。

 

 

 

米大統領選が終わるまではずっとこんな調子だろう

 

現在株式市場では非常に軟調な展開が続いています。

その理由は表向きはいつも通り「~の指標が良かった悪かった」というものですが、私はアメリカの大統領選が終わるまでは何やかんやと理由をつけて売りに回る投資家が多いと見ています。

 

 

というのも短期投資家から見れば共和党候補であるトランプは「見えている地雷」なわけです。

彼が大統領になれば米経済はガタガタになる可能性がありますし、そうなれば短期的に株式市場はブラックマンデーの苦い記憶を呼び起こされる事態に陥るでしょう。

 

となれば後一月程で結果が出るのですから、わざわざリスクを取る必要はありませんよね。ですので短期投資家が大半を占める株式市場は売りが先行し軟調になるわけです。

 

しかし彼の言う「強いアメリカ」を取り戻すというのは耳障りは良い物ですが、話している内容はあまりに稚拙で知性に欠けるものですね。

現在の世界情勢は各国の経済や思惑が複雑に絡み合った上で成り立っています。ですので彼が進めようとしているアメリカ至上主義のような政策は強いアメリカを取り戻すどころかアメリカ経済を弱体化させることでしょう。

 

まぁそれでも米企業は上手い事やりそうな気がしますがね(笑)

 

スポンサーリンク

 - 週間損益報告