UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

OPEC(石油輸出国機構)が石油の減産に合意した

      2016/09/30

スポンサーリンク

世界の株式市場の足を引っ張る要因となっていた石油戦争が転機を迎えそうです。

 

28日の米国市場はOPECが非公式会合で生産調整で合意したと発表し上昇しました。この発表を受けて原油価格も上昇し、エクソンモービル(XOM)やシェブロン(CVX)などが3~4%の大上昇を見せています。

 

この石油戦争は中東の石油とアメリカのシェールガスとの間で起こっていたもので、お互いが相手のシェアを奪い去ろうと価格競争をしあっていたものです。

 

ここ最近の世界の株式市場はことある毎に原油価格を理由に右往左往していました。

その原油価格に安定の目途が出てきました。

 

正直長期投資家にとって原油価格によって右往左往する株価は迷惑なだけで注目するべきものではないので、さっさと安定して適正株価に向かって売り買いされるのが理想です。

 

例えば原油価格がどうなろうとIBMの業績にダイレクトな影響はないでしょう。しかし現に原油価格が上がり下がりすればIBMの株価も上がり下がりします。これはバフェットが言うところの「ミスターマーケット」の営業なのです。

 

原油価格が適正化し、大統領選挙への憂いがなくなれば米国株は問題なく上昇するでしょう。

スポンサーリンク

 - ウォーレン・バフェットの名言・格言, 株式投資 , , ,