UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2016年9月18日保有米国株含み損益+IBMから配当金

      2016/09/18

こんにちは。れーさんです。

2016年9月18日時点の保有銘柄含み損益報告です。

先週の報告はコチラ↓

2016年9月13日保有米国株含み損益

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2016年9月18日保有米国株含み損益+IBMから配当金

 

2016.9.18保有銘柄含み損益画像

2016.9.18保有銘柄含み損益画像

 

2016年9月18日の保有銘柄含み損益は11.39ドルの含み損で1ドル=102.26円で計算すると1,164円、投資額のおよそ0.1%の含み損です。

 

 

2016.9.18IBM配当金

2016.9.18IBM配当金

 

今回のIBMからの配当金受取額(税引き後)は61.27ドル、配当直後の為替レートである1ドル=102.26円で計算すると6,265円の配当金となりました。

これで2016年の総配当金受取額(税引き後)は141.96ドル、直近の為替レートである1ドル=102.26円で計算すると14,516円の配当金となりました。

 

バフェットの大好きなウェルズファーゴがやらかした!

ニューヨーク(CNNMoney) 米消費者金融保護局(CFPB)は8日、米大手銀ウェルズ・ファーゴで顧客の許可のないまま口座を開設したりクレジットカードを発行したりする行為が横行していたと明らかにした。不正に開設された口座の数は百万件以上に上る。

同行は、2011年のCFPB発足後最高額となる1億8500万ドル(約190億円)の罰金を支払う。また、顧客への損害賠償として500万ドルを支払うという。

CFPBのコードレー局長は声明で「ウェルズ・ファーゴの行員は売り上げ目標を達成して賞与を得る目的で、顧客の許可を得ずに秘密裏に口座を開いた」と述べた。

ウェルズ・ファーゴはCNNの取材に、この問題で過去数年の間に5300人の行員を解雇したと認めた。

CFBPによれば、ウェルズ・ファーゴの依頼で分析を行ったコンサルティング会社は、不正口座の数は150万を超えるとの結論を出したという。

行員らは顧客の名義を勝手に使って新しい口座を作り、顧客本人の許可なく既存の口座から資金を移したという。こうした行為は「幅広く」行われており、元々の口座が残高不足になった例もあったという。

また、不正に発行されたクレジットカードも56万枚を超えた。このうち約1万4000枚は、年会費など40万ドルを超える収入をウェルズ・ファーゴにもたらしたという。

ウェルズ・ファーゴの時価総額は2500億ドルを上回り、米国の銀行で最大。筆頭株主はウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハサウェイだ。

http://www.cnn.co.jp/business/35088821.html

 

えぇ・・・(笑)

超大手銀行のするこっちゃないですよこれ。

 

ある日調べたら自分の全く知らない口座やクレカが勝手に増えてるんですよ?恐怖以外の何物でもありません。

 

その数なんと150万口座と56万枚クレジットカードというから驚きです。

 

 

ウェルズファーゴは我らがバフェットが愛して止まない銘柄です。彼はウェルズファーゴを「唯一の永久保有銘柄」と言っているほどです。

 

ですのでバフェットに釣られてウェルズファーゴに投資している人も多いと思います。

 

確かにウェルズファーゴは収益率も高く超優秀な投資先です。

 

しかし私は今回のニュースは話以上にヤバい物だと思っています。

 

 

何故なら「ゴキブリは1匹いれば100匹いる」からです。

 

東芝の件を見てみても分かりますが一度腐った大企業はもう終わりです。これに関しては米国も日本も関係ありません。

 

一度腐った流れになってしまった企業を矯正するのは並大抵のことではなく必ずいつか表に出てきてしまいます。内部からゆっくり企業を蝕み投資家を破滅に導きます。

 

今回の件をもって私がウェルズファーゴに投資することは無くなりました。・・・今のところはですが(笑)

 

 

スポンサーリンク

 - 株式投資, 週間損益報告 , , , , , ,