UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

株式投資は売らないで買い増す事が何より難しい

   

スポンサーリンク

このブログを読んでいる人は恐らく米国株に長期投資、それもバフェットを見習って買ったら一生売らないレベルの長期投資をしている人が大半だと思います。

 

バリュー投資実践ブログ!とかって書いてるんですから当たり前っちゃ当たり前ですが(笑)

 

で、そんなバリュー長期投資ですが理屈自体は非常に簡単なことなんです。成長するであろう優良企業に投資をし後は成長を見守るだけ。これだけです。

 

後は企業が上手く成長してくれれば配当金を増配するなり企業価値の向上による株価の上昇なりで株主に還元してくれるという寸法です。

 

そして増配された配当金を更に株式投資に回せば所謂「複利」でカネが増えていくのです。

 

 

と、まぁここまでは教科書通りの話をしたのですが大きな問題が一つだけあるんです。

 

それは「株を売らないで買い増す」ということがひっじょーーーーーに難しいことです。

 

 

株を売らないで買い増す

こんな単純なことが何故難しいのか?

 

例えばあなたが結婚前までは毎月生活費と最低限の貯金以外の資金は買い増しをしていたとしましょう。

 

そんなあなたが結婚することが決まりました。

 

そこで必要になる様々なお金お金お金…予め貯金はしていたが不慮の出費というのは次から次へと出てくるものです。そうなった時にパートナーに対して「いや、このお金は投資資金だから」と言えますか?

 

99%の人が「まぁひと月くらいなら…」と投資資金を当座のお金に充てるのではないでしょうか。

 

ハッキリ言いますが一度そうなってしまうと今後も事あるごとに投資資金を潰してその場しのぎの資金繰りをするようになります。

 

 

これは何故かと言うと投資資金の「優先度」が下がってしまうからです。

 

 

投資というのは投資してすぐに効果が出るものではありません。企業が1週間で売上を倍増させ利益率を改善することなんてあり得ませんよね。

 

 

しかし投資資金を別のことに使えばすぐに「結果」が出ます。

 

 

例えばテレビが壊れたから投資資金で買ったとしましょう。

すると当然その日からテレビは映ります。つまり「テレビが映る」という「結果」が出せるわけです。

 

 

しかし投資資金はある意味では人生において最も重要な資金であると言っても過言ではありません。

若い間の生活を楽にしてくれるほか、年金に全く期待できなくなった我々の世代では投資をしないとかなり惨めな老後が待ってるでしょう。

 

 

「株を売らないで買い増す」という簡単な行動が難しい背景にはこのような事情があるのです。

このあたりの事を自分自身が完全に理解し、結婚をするのであれば知識の乏しいパートナーにどの程度理解してもらえるかが人生の分岐点になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

 - 株式投資, 株式投資以外の記事 , , , , ,