UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2016年7月24日保有米国株含み損益

      2016/07/24

こんにちは。れーさんです。

2016年7月24日時点の保有銘柄含み損益報告です。

先週の報告はコチラ↓

2016年7月17日保有米国株含み損益

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2016年7月24日保有米国株含み損益

 

2016.7.24保有銘柄含み損益画像

2016.7.24保有銘柄含み損益画像

 

2016年7月24日の保有銘柄含み損益は467.99ドルの含み益で1ドル=106.17円で計算すると49,686円、投資額のおよそ6.2%の含み益です。

 

 

IBMの決算は17四半期減収も好感された模様

 

 

 

ITの巨人IBMは先ほど第2四半期決算を発表し、売上は202.4億ドル、1株当たり非GAAP利益は2.95ドルだった。アナリスト予測の売上200.3億ドル、非GAAP EPS 2.89ドルをいずれも上回った。

しかし、非GAAP利益28億ドルは、1年前から25%減少した(GAAP純利益は25億ドル、29%減)。なお、決算は利益を示しアナリスト予測を上回ったが、数値は減少を続けている。1年前、IBMの売上は208.1億ドル、EPSは3.84ドルだった。

投資家は今日の決算報告を喜んでいるようだ。時間外取引で、IBM株は約3.3%、3.65ドル上げて163.51ドルをつけた。

 

IBMの決算は予想通り減収が続きましたが、いつもと違いアナリスト予想を上回ったとの理由で買われました。

 

個人的に誤解していましたが、決算前に買い向かっている投資家は減収が止まると予想しているわけではないのですね。

 

つまるところアナリスト予想を上回り、ポジティブサプライズを期待しているだけなのです。

 

つまりは集まってきているのは投機家の群れなのですね。

 

となると難しいのが追加投資をいつするかなんですよねぇ。

 

理想的なのは投機家が「うぎゃぁぁ」となるような決算を出してくれた後がいいのですがうーん。

 

 

私の拙い予想ではイギリスのEU離脱の影響が追々出てくると思うのですが果たして。

 

 

まぁ予想を立てて追加投資をすることはしないのですがね(笑)

 

 

長期投資家は機械的に買い付けるのが一番ですよ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 週間損益報告 , , , ,