UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2016年3月20日保有米国株含み損益+IBMからの配当金

   

こんにちは。れーさんです。

2016年3月20日時点の保有銘柄含み損益報告です。

先週の報告はコチラ↓

2016年3月13日保有米国株含み損益

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2016年3月20日保有米国株含み損益

2016.3.20保有銘柄含み損益画像

2016.3.20保有銘柄含み損益画像

 

2016年3月20日の保有銘柄含み損益は212.59ドルの含み損で1ドル=111.5円で計算すると23,703円、投資額のおよそ3.4%の含み損です。

 

 

2016年3月17日にIBMから配当金

 

2016.3.17IBM配当金

2016.3.17IBM配当金

 

 

今回のIBMからの配当金受取額(税引き後)は37.32ドル、直近の為替レートである1ドル=111.5円で計算すると4,161円の配当金となりました。

 

これで2016年の総配当金受取額(税引き後)は40.5ドル、直近の為替レートである1ドル=111.5円で計算すると4,515円の配当金となりました。

 

急激な株価回復で含み益転換目前に

 

先週も書きましたが、何がどう好感されているのか知りませんが世界中(日本を除く)の株価が回復基調になってきています。

 

含み益に転換するのは気分的には悪い気はしませんが、投資家として見るならば株価の上昇は喜ぶべくものではありません。

特に私のようにサラリーマン給与から投資している者にとっては株価の上昇とは単に一定額で買い付けられる株の数が減るだけのことです。

 

このことをバフェットは皮肉って「株価の上昇を喜ぶのはマイカー通勤者がガソリン価格の上昇を喜ぶのと同じだ」と言ってのけました。

 

 

 

ただこれも先週書いた内容と被りますが、この数週間でIBMの株価こそ暴騰していますが業績自体は全く変わっていません。

 

ですので個人的な予想では四半期決算でIBMがコケて投機家が株を投げ売りする動きが繰り返されると思っています。

 

あわよくばそのタイミングで更に買い増していきたいと思います。

 

 

 

最近のIBM関連ニュース

 

 

スポンサーリンク

 - 株式投資, 週間損益報告 , , ,