UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

楽に仕事がしたいと思えない人は仕事ができない人

      2016/02/02

こんにちは。れーさんです。

今回は投資の話題ではなく仕事についての話です。

スポンサーリンク

仕事ができる人できない人

よく仕事ができる人、できない人って言うじゃないですか。

「あの人はよく仕事ができる人だ」「あの人は仕事ができない人だ」

 

それで、思ったんです。「仕事ができる、できない」ってどこで分かれるのかなぁって。

 

だって不思議じゃないですか?

前職で経験があったりして、仕事ができる。っていうのならまぁ分かります。

でも新卒で入った人達の間でも出来不出来が徐々に分かれてきますよね。

 

つまり個人の素質による所が大きい訳ですが、じゃぁどのような素質を備えているか否かで「仕事ができる、できない」が分かれるのかと。

 

そんな事をボンヤリ考えていたのですが、最近ある二人の後輩社員の仕事っぷりを見ていた時に「あ、もしかして」と思ったので紹介します。

 

 

「楽に仕事をする」

この見出しを見て「むっ」って思った人は素晴らしい人です。恐らく真面目な方なのでしょう。

 

この見出しを見て少し罪悪感を感じた人はちゃんと仕事しましょう(笑)

 

 

 

少し脱線しましたが、私が二人の後輩を見ていて気付いた「仕事のできる、できない」はズバリ

 

 

 

「楽に仕事をしようとしているか否か」

 

 

 

これでした。

※誤解を生みそうな言葉なので、先に補足しておきますが「サボる」ということではありません。

 

 

 

私の下にいる二人の後輩について例として挙げてみます。

  • A君:教えられた通りに覚え、日々仕事をこなしています。基本的に真面目で言われたことをしっかりと遂行しています。
  • B君:教えられたことを一通りできています、その上で実際に仕事をしながら改善案を提案してきます。

 

 

二人とも仕事に真面目に取り組んでいて素晴らしい人間です。

しかし真面目な二人ですが、社内の評価としては「A君はあまり仕事ができない」「B君は仕事ができる」という評価です。

 

 

 

なぜこのように評価が分かれるのでしょうか?

 

 

 

それはやはり

  • A君はルーチンワークをこなしてはいるが、それ以上の効率化が見込めない。
  • B君は業務をこなしながら、”いかに効率よく仕事ができるか”を模索できている

この点にあると思います。

 

 

このB君の考えの根底にあるのは、誤解を恐れずに言うと「いかに楽をするか」ということです。

「楽をする」というのは人間の根源的な特性で、人間を没落させる面でもありますが、一方で「イノベーション」を引き起こしてきた物でもあります。

 

 

 

昔の人が歩くのは嫌だ、楽に歩きたいし重い物も運びたくない。と考えなかったら車輪は発明されなかったでしょう。

 

 

 

もちろん何かを開発しろなんて事を言いたいわけではありません(笑)

ただ「どうすれば楽に仕事をできるか」を考えている人は言い換えれば「どうすれば効率良く仕事をできるか」を模索しているということですので、結果的に「仕事ができる人」になるのではないかなぁと思います。

 

あ、繰り返しになりますが、サボったり仕事の質を下げる事は決して仕事ができるとは言いません。それらは当たり前にできた上での話ですので誤解無きようお願いします。

スポンサーリンク

 - 株式投資 ,