UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2016年1月31日保有米国株含み損益

      2016/02/06

こんにちは。れーさんです。

2016年1月31日時点の保有銘柄含み損益報告です。

先週の報告はコチラ↓

2016年1月24日保有米国株含み損益

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2016年1月31日保有米国株含み損益

2016.1.31保有銘柄含み損益画像

2016.1.31保有銘柄含み損益画像

 

2016年1月31日の保有銘柄含み損益は1,111.79ドルの含み損で1ドル=121.03円で計算すると134,559円、投資額のおよそ18.2%の含み損です。

 

IBMがUstreamを買収

米IBMが1月21日(現地時間)に動画ストリーミング配信サービスの米Ustream買収を発表したことが話題になっている。エンターテイメントから現地実況までライブ配信ではすでに多くのユーザーにお馴染みのサービスだが、一方でソフトバンクの全額出資子会社であるUstream Asiaが今年2016年2月からの事業撤退を発表するなど、その今後の動向に注目が集まっていたところだ。

http://news.mynavi.jp/articles/2016/01/26/ibm/

 

今週のIBM関連ニュースの目玉はなんといっても「動画ストリーミング配信企業」の「Ustream」を買収したことでしょう。

私は今回の買収を非常に評価していて、IBMのクラウドビジネスを更に加速させることができるんじゃないかな?と思っています。

 

IBMは超大企業とは思えないほどのスピードで変革を進めており、今回のUstream買収も正にIBMに足りていなかった部分をピンポイントに補った形になりました。

 

 

しかしこういった買収が芽を出すのはまだまだ先で、IBM自身も弱気な予想を立てている通り2016年はまだまだ低迷することになるでしょう。

ドル高も割と深刻な長引き方をし始めていますし、4半期決算次第では短期的に100ドルを割り込む場面も出てくるかもしれませんね。

 

今年も変わらず、そういった局面が来れば積極的に買い増ししていきたいと思います。

 

 

 

最近のIBM関連ニュース

スポンサーリンク

 - 週間損益報告 , ,