UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2016年1月17日保有米国株含み損益

      2016/02/06

こんにちは。れーさんです。

2016年1月17日時点の保有銘柄含み損益報告です。

先週の報告はコチラ↓

2016年1月10日保有米国株含み損益

今週分は続きから。

スポンサーリンク

2016年1月17日保有米国株含み損益

2016.1.16保有銘柄含み損益画像

2016.1.17保有銘柄含み損益画像

 

2016年1月17日の保有銘柄含み損益は952.05ドルの含み損で1ドル=116.98円で計算すると111,370円、投資額のおよそ15.7%の含み損です。

 

 下げ止まらない世界中の株価、広がる含み損

ここまで色んな事が重なるものなんですね(笑)

これでもか!これでもか!という程悪いニュースが連日のように次から次へと押し寄せてきています。

 

そしてそれに伴って世界中の株価が急降下していっています。私の保有銘柄であるIBMとウォルマートも例外ではなく、遂に15%もの含み損まできました。

特にIBMは2013年には200ドル以上だった株価が2年ほどで130ドルまで落ちてきました。つまり35%もの下落です。

 

 

しかし個人的には下げ相場はまだまだ続くと考えています。

投資家が「もう下げ止まってもいいだろう。」と考えている内はまだまだ下がる余地があります。

投資家が「あ、この世の終わりやな。」ってくらい絶望するまでは下げ続けると思っています(笑)

 

 

まぁこういった長引く下げ相場はサラリーマン投資家にとっては追い風です。コツコツと積立するという性質上、株価が下がれば下がるほど将来的なパフォーマンスは良くなっていきますからね。

 

バリュー投資が難しいのは、理屈では暴落時に買うといいのが分かっていても、感情が邪魔して買い増せない点にありますので、自分の考えを再確認して根気強く投資していこうと思います。

バリュー投資家の方はこんな時こそ「自分が何に、どういう理由で投資していたのか」を思い出すようにしましょう。

 

 

暴落相場についての向き合い方はコチラの記事がお勧めです。

バフェットの名言読解「リスクは、あなたが何を行っているか知らないことが原因だ。」


IBMの次回の決算は来週の火曜日、2016年1月19日です。ホルダーの皆さんは忘れずにチェックしましょう。

 

 

最近のIBM関連ニュース

最近のウォルマート関連ニュース

スポンサーリンク

 - 週間損益報告 , , ,