UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

幸せになりたい人必見!幸せはお金で買える?買えない?

   

こんにちは。れーさんです。

皆さんは今幸せですか?

あ、別に変な宗教の勧誘とかではないので安心してください(笑)

ZUU Onlineに面白い記事がありました。

詳細は続きから。

スポンサーリンク

上手にお金を使えば幸福度は高まる

…前略

 

消費者心理・行動の専門家であるマイケル・ノートン氏だ。同氏は2015年11月3日、ニューヨーク・タイムズ紙の金融ニュースサイト「DealBook」主催の招待制講演会「DealBook Conference」の中で自身の学説を語った。

ノートン教授によると、人は旅行などの「経験」にお金を使うほうが、家や車などの「モノ」にお金を使うより幸福度が高まるのだという。だが実際には、人は資産の大部分を幸福度が高まらないもの、すなわちモノに使うことが多い。家や車に大金をつぎ込む人が多いが、同教授によるとどれほど大きい家を購入したとしても、どんなに格好のよい車を購入したとしても、購入前と後で幸福度は全く変化しないそうだ。

 

…後略

ZUU Online

 

行動心理学者のノートン教授の研究によると人は「経験」にお金を使えば幸福度は高まるのだそうです。

例えば旅行などでは「楽しかった部分」の記憶だけが脳に強く残り、旅行中などに起こったトラブルなどの記憶は上書きされてしまうので、結果的に「良い経験ができた」となり幸福度が上昇するということです。

そして面白いのが、旅行に行く前の「どんな旅行になるかな?」と思いを膨らませている時点から既に脳は幸福を感じているのだそうです(笑)

 

 

その他にも

 

  • 気になる女性を食事に誘う
  • プレゼントをあげる
  • 子供を病院に連れていく

 

などの「他人の為」にお金を使った「経験」をした場合も「幸福度」が高まるそうです。

では人にプレゼントしたり、旅行にだけ行ってれば人は幸せか?というと当然そんなことはありません。

 

お金は無いよりあったほうが良い

日本の有名な詩人である「相田みつを」さんの言葉に

「かねが人生のすべてではないが有れば便利 無いと不便です 便利のほうがいいなあ」

という物があります。

 

私はこの言葉が結構好きです。

我が家の洗面所には貰い物の「相田みつを日めくりカレンダー」が貼ってあるのですが、この言葉が出てくると歯磨きしながら「確かになぁ」と思っています(笑)

 

日本人はカネや金稼ぎを「汚いもの」だと無意識のうちにとらえています。私もつい最近までは何となくそのような考えを持っていました。

 

 

しかし現代社会ではどう足掻いても「カネ」は必要です。

 

  • ご飯を食べるのにはお金がかかる
  • 家に住むにはお金がかかる
  • 服を着るにはお金がかかる
  • 風呂に入るにはお金がかかる
  • ブログを書くにはお金がかかる
  • 車に乗るにはお金がかかる
  • 子供を育てるにはお金がかかる

 

挙げだせばいくらでも出てくるでしょう。

 

恐らく今あなたが身の回りを見渡してみて目に入る物全てに値段が付けられるのではないですか?

 

 

それほど「生活」と「カネ」は密接な関係にあるという事です。

そして「幸福度」と「生活」もまた密接な関係にあります。

 

いくら旅行に行ったり人にプレゼントしたりして「経験」にお金を使ったとしても

 

  • 家のローンに追われている
  • 子供の将来の資金が不安
  • 老後の資金が不安
  • ご飯は超節約ばかりした質素な物
  • そもそも生活が破たんしてる

 

こんな状態じゃ「経験」にお金を使ったとしても「幸福度」は得られません。

 

というかそもそも生活が苦しい状況で「旅行」にいったり「他人にプレゼント」したりできる人は中々いないのじゃないでしょうか?

 

つまり冒頭のノートン教授の研究結果も「ある程度の生活基盤」があって、その上で「余剰資金」をどう使うか。という話だと思うのです。

 

まさに

「かねが人生のすべてではないが有れば便利 無いと不便です 便利のほうがいいなあ」

ですね。

 

無ければ無いで、質素な生活をすればいいです。その状態でも幸せになれる人は沢山います。

しかしそういう人達が更にお金を潤沢に持っていれば「人生の選択肢」がグーーンと広がると思いませんか?

 

カネ「だけ」あってもどうしようもありませんが、カネがある事で「幸せを掴むチャンス」が増えることは間違いありません。

つまり「幸せになるにはお金が必要?必要ない?」の答えは「はい」であり「いいえ」です。

 

資産運用を始めるのに”遅すぎる”ということはありません。今からでも正しい知識を付けて幸せになりましょう。

東大生が書いた世界一やさしい株の教科書 (PHP文庫)


スポンサーリンク

 - 株式投資以外の記事 , ,