UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

株は年齢が若い内から始めたほうがいい。株式投資は時間がかかる

   

にちは。れーさんです。

皆さんは何歳から投資を始めましたか?

スポンサーリンク

株式投資で結果を出すには時間がかかる

私が行っている株式投資は「バリュー投資」です。

バリュー投資は企業価値と市場評価の剥離を利用する投資手法です。今現在は市場から低い評価がされているが強固なビジネス基盤を持っているからいつかは見直されるだろう。という考え方です。

 

この「企業価値」が見直されるまでにはとてつもない時間がかかります。

1年~3年で見直されればまだ早いほうで下手すれば5年以上かかることもあるでしょう。

 

そんな時にあなたは我慢しきれますか?

 

投資の難易度と結果を出すまでの期間は反比例する

 

株式投資は手っ取り早く結果を出そうとすればするほど「難易度」は上がっていきます。

 

長期投資よりもスイングトレード、スイングトレードよりもデイトレードという風に投資期間が短くなればなるほど難易度は上がっていきます。

 

それは短期投資は利益を得る手段が「キャピタルゲイン」しかないからです。つまり他の投資家との奪い合いになるから負ける人間のほうが多くなるのです。

株式市場に参加している95%は「投機家」である

この事実を踏まえた上で「なぜ投資はできれば若い内から始めるほうがいいのか」を説明します。

 

投資を始めるのが遅くなればなるほど早く結果が欲しくなる

白と黒の腕時計の画像

時間は焦燥感を掻き立てる

 

例えば20歳台から株式投資を始めたとします。

バリュー投資で株式投資を始めて、正しいタイミングで正しい企業に投資できた場合、たとえ資産形成が20年後になったとしてもまだ40歳台です。

40歳ならそこから人生を変えるのに遅すぎるということはないでしょう。

 

 

一方で株式投資を始めるのが遅くなって…そうですね、例えば50歳台で株式投資を始めたとします。

この場合少し視点が変わってきて「何年以内に結果を出さないと意味が無い」という思考回路になります。だって70歳や80歳になってからお金が増え始めても意味がないですからね。まぁ孫に資産を残せるという意味ではいいのかもしれませんが…

 

しかし株式市場は個人の都合なんて配慮はしてくれません。こちらがどんなに急いでいても市場が抱いている低い企業価値が見直されるのには時間がかかりますし、実際に企業が経営を立て直すのにも物理的な時間がかかります。どうあがいても経済成長の波に乗るのは時間がかかるのです。

 

となれば手っ取り早く結果が欲しい人が取る手段は一つしかなく、難易度の高い短期投資に手を出すようになります。

 

  • 「早くアーリーリタイアしたい」
  • 「早く金を稼いで苦しい生活から抜け出したい」

 

分かる、超分かります。でも短期間では不可能なのです。そんな美味しい話はこの世に存在しません。あったとしても享受できるのは一部の人だけです。

 

短期間で結果を出そうとするとほとんどの人は逆にお金を減らしてしまうでしょう。

 

これが若い内から投資を始めるべき理由です。投資を始めるのが遅くなればなるほど精神的な余裕が持てなくなるのです。

投資は余剰資金で行うは嘘

 

投資を始めるのが遅くなる理由の一つになっているのが「投資は余剰資金で」という教えが蔓延していることがあります。

普通のサラリーマンが余剰資金が貯まるまで待っていては株式投資を行う上で最も重要な「時間」を浪費してしまいます。

 

この誤った教えの根本にあるのは「株式投資は損をする」という間違った前提です。つまりギャンブルと同列の扱いがされているのです。

そもそも余剰資金でしか投資したくないような企業は投資すべき企業でありません。

 

株式投資は資産を買い集める物です。日本は不労収入にならない家のローンは平気で組み毎月お金を出すのに、買った後不労収入になる株式投資に対しては異常なまでに拒絶反応を示す社会になっています。

 

とは言っても当然のことながら明日生きる為の生活費を株式投資につぎ込んではいけません。ですが必要以上に(例えば何年間もの生活費分)貯金する必要もありません。

 

バフェットも次のような名言を残しています。

そうですね、私は一番大きな間違いは、正しい貯金の習慣を早いうちに学ばないことだと思います。貯金というのは習慣なのです。誰もが早くお金持ちになろうとします。ゆっくりとお金持ちになるのはかなり簡単です。しかし、すぐにお金持ちになるのは簡単なことではありません。

http://news.livedoor.com/article/detail/8565058/

 

歳をとってから「もっと早くに投資をしておけばよかった・・・」と後悔しないように、若い内から株式投資について偏見を持たずしっかり向き合うことが大事なのだと思います。

そもそも株とは何だろう?漠然とした不安感がある

スポンサーリンク

 - 株式投資初心者向け解説