UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

プロスペクト理論に学ぶ。バリュー投資で株を売らない秘訣。

   

こんにちは。れーさんです。

バリュー投資ができて一安心。と思ったら株価急落!そんな時あなたはどうしますか?

スポンサーリンク

株を売らない秘訣

バリュー投資は基本的にすっごく時間のかかる投資方法です。その期間は数年から長くなったら5年以上かかることもあります。

 

そんなバリュー投資ですが、相場はそんなことお構いなしです。

 

5年もあれば一度くらいは大嵐が来るでしょう。所謂「金融危機」というやつです。

 

そんな相場になるとニュースでは日々悪い情報ばかりが流され、投資家はこの世の終わりかのような気分になります。

 

しかしバリュー投資はそもそも相場の波に乗る投資法ではないので関係の無い話なんですよね。(金融危機の内容が保有銘柄には関係の無い場合です)

 

将来上がる可能性が高い…でも株価は下がる。日々減っていく保有株の時価総額。

これ以上の含み損は嫌だ!赤い文字は嫌だ!

 

こんなとき人間の本能として売りたくなりますよね。よく分かります。

 

でも売っちゃだめなんです。バリュー投資の売り時は限られています。

 

株の売り時とは?バリュー投資や長期投資における2つの売却タイミング

 

ですので普段からどんな相場が来ても「売りたい…!怖い…!」とならない為の方法をお教えします。

とにかく株価を見ない!見ない!見ない!

目隠しした猫の写真

そもそも株価を見なければ動揺しない

 

株価に惑わされない為には「株価を見ない」これに尽きます。

 

当然ですが株価を見ないと相場の動きに惑わされることはなくなります。

というかぶっちゃけバリュー投資をするなら4半期決算書も読む必要は無いです。

 

3か月や6か月程度で企業の大勢が変わるはずもありません。

 

つまりもっと短い動きである株価は単純に「見る必要」がないんですよね。

日々の株価の動きに大した意味なんて何もありません。

 

株価を見ない為には趣味に没頭したり、ランニングなどで体を動かして体を疲れさせてぐっすり寝てしまうのもいいでしょう。

 

特にバリュー投資に関する本を読んで株価を気にしないようにすれば、バリュー投資の知識も深まりまさに「一石二鳥」です。

ちなみにオススメのバリュー投資本はこちらの二冊です。

株で富を築くバフェットの法則[最新版]

 

優良株を手放さない為にプロスぺクト理論を理解しよう

 

それでも普段の株価をちょっとは見たい!という方に質問です。

 

「プロスペクト理論」ってご存知ですか?

 

 

 

プロスペクト理論とは、人間はお金を儲けた時よりも損をした時のほうが脳に強烈な印象を受けてしまうというものです。

 

つまり50万円の含み益よりも50万円の含み損のほうがインパクトが強く感じるということです。

 

このため頻繁に株価をチェックすると同じ株価の動きでも「株価が下がった時のインパクト」が強すぎて、バリュー株がもたらす将来的なリターンが期待できるにも関わらず不安になって株を売ってしまいます。

短いスパンで株価をチェックすればするほど「上がるか下がるか」は50%に近づいていきますので、より売りたくなってしまいます。

 

ですのでもしどうしても株価をチェックしたい場合は

  • 「何となく損してる気がする」
  • 「何となく得してる気がする」

という見方をするのではなく、もっと具体的に

  • 「投資金額に対して何%の含み損(益)だな」

という風に確認するのがよろしいかと思います。

私が毎週記録をつけているのはこの理論に基づいてつけています。

参考:週間損益報告記事一覧

 

バリュー投資で投資に臨んでおられる方は日々の株価に惑わされるのではなく、将来的なビジョンを持って投資に臨みましょう。

 

頭でしっかり理屈を理解していれば短期間の株価の動きなんて何も怖くなくなりますよ。

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

スポンサーリンク

 - 株式投資 ,