UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

2015年12月6日保有米国株含み損益

      2016/02/06

こんにちは。れーさんです。

今週の保有銘柄含み損益報告です。

画像は続きから。

スポンサーリンク

 

2015.12.06保有銘柄含み損益画像

2015.12.06保有銘柄含み損益画像

12月6日の保有銘柄含み損益は658.93$の含み損で1$=123.1円で計算すると81,114円、投資額のおよそ14.9%の含み損です。

利上げがいよいよ実施されるかもしれない?

[4日 ロイター] – 11月の米雇用統計の発表を受けてロイターが実施した米プライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)調査によると、18社中17社が米連邦準備理事会(FRB)による今月の利上げを予想している。また年明け以降の利上げペースは緩やかとの見方が多い。

RBS(米コネティカット州)のシニア米国エコノミスト、ケビン・カミンズ氏は「市場は今月16日(の米連邦公開市場委員会=FOMCで)の利上げを相当織り込んでいるため、FRBが今回利上げを見送るハードルはかなり高そうだ」と述べた。

2016年半ば時点でのフェデラル・ファンド(FF)金利は0.75%、16年末時点では1.125%と、緩やかな利上げペースが見込まれている。FRBが保有するバランスシートの規模は、18社中11社が少なくとも1年間は縮小されないと予想している。

金利の誘導目標は引き続きレンジで設定されるとの見方が大勢だが、その上限となる超過準備預金金利(IOER)は0.5%、下限となる翌日物リバースレポ(RRP)金利は0.25%になるとみられている。

ロイター通信

 

利上げするする詐欺でここまでズルズルと来たFRBですが、大方の予想がいよいよ利上げに踏み切るのではないか?となってきたようです。

私は利上げを先延ばし先延ばしにしているのは市場に織り込ませる為なのかなぁと思っていました。米国のエコノミストは利上げを既に織り込んでいるというのですが、果たしてどうなのでしょう(笑)

 

どっちにしてもさっさと利上げしてしまって次の金融危機に備えておいた方がいいと思っているのですが、それは素人考えなのですかね。

 

結局やる事は決まっている

 

ただ利上げされようがされまいが、バリュー投資家の取るべき行動は決まっています。

自分の考える企業価値(利上げの影響を含む)よりも安ければ買う。それだけです。ここまで市場が利上げを意識しているとなれば、ハッキリ言って「上がるか、下がるか」は50:50です。

為替の変動もどちらに動くかは意見が割れていますし、もはや実施されるまでは分からないでしょう。

 

もしあなたがトレーダーならば予想は当てなければなりませんが、バリュー投資家ならば利上げがされた後の影響を「見てから」行動すればいいので、アレコレ予想する必要はありません。

 

それよりも私達は「利上げ」や利上げに伴って起こるであろう「為替変動」が保有企業のビジネスにどう影響するかを考えるべきです。

今からでもこちらのkindle本で利上げによる影響の知識を仕入れておくと良いかと思います。

世界がおびえる中国と利上げ (週刊エコノミストebooks)

最近のIBM関連ニュース

最近のウォルマート関連ニュース

スポンサーリンク

 - 週間損益報告 , ,