UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

バフェットの名言読解「株式投資の極意とは、良い銘柄を見つけて、良いタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続ける事。これに尽きます。」

      2016/01/03

こんにちは。れーさんです。

ウォーレン・バフェットの名言読解シリーズ第5弾

スポンサーリンク

前回のウォーレンバフェットの名言読解記事はコチラ↓

バフェットの名言読解「散髪が必要かどうかを床屋に聞いてはいけない」

 

今回は「株式投資の極意とは、良い銘柄を見つけて、良いタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続ける事。これに尽きます。」です。

究極の株式銘柄は売り時が無い

バフェットは一般的に「超長期投資家」として有名です。しかしこれは半分合っていて半分間違っています。

バフェットの言う「良い銘柄」とは

  • 有料ブリッジを有している
  • 強固な参入障壁がある
  • 優れた経営者によって経営されている
  • 株主還元に熱心である

等の特徴があります。これらの特徴を持った企業は恒久的に利益をあげ続ける力とビジネスモデルを持っています。つまり持てば持つほど自分の資産を増やしてくれる存在です。

つまりバフェットの考えを正確に言うと「売り時が無い」から「結果的に長期投資になる」です。

 

その考えを端的に表しているのが今回の名言です。

意外と重要な「良いタイミングで買う」

恐らくバリュー投資で最も重要で最も難しいのがこの「良いタイミングで買う」です。

というのもバフェットの言う「良いタイミング」というのは一般的に他の投資家が躊躇するような局面ばかりだからです。

 

何の理由もなく優良企業が売り込まれる事もありますが、大体は企業が何か悪いニュースを出してしまった時に売り込まれます。周りの投資家が「この企業はもう終わりだ!一刻も早く逃げろ!」となっている時に買い進むのは並大抵のことではありません。

 

今回のバフェットの名言は正に「言うは易く行うは難し」です(笑)

ですがこの名言の行動を正確に実行できるようになれば報われる可能性が高いことも事実です。

 

株式投資の極意とは、良い銘柄を見つけて、良いタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続ける事。これに尽きます。

ウォーレン・バフェット

スポンサーリンク

 - ウォーレン・バフェットの名言・格言