UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

金のなる木を増やそう。消費と浪費と投資の違い

      2016/01/03

こんにちは。れーさんです。

皆さんはお金の使い道って意識されてますか?

スポンサーリンク

消費と浪費と投資の違いを知ろう

リンゴの木の画像

金のなる木を探そう

私達にとってお金って身近にあるものですが、その使い道は実に様々です。

  • 食費
  • 家賃
  • 光熱費

などの生活費から

  • ブランド品
  • 旅行

などの嗜好的な使い方までお金の使い道をあげだせばキリがありません。

 

しかし身近な物だからこそ、お金はどう減ったり増えたりするのかを知らなければいけません。というか知らないと損します。

今回はお金の使い道によるお金の性質の変化を「リンゴの木」に例えて説明したいと思います。

 

消費とは?

ポケットからクレジットカードが出ている画像

 

まず消費とはなんでしょうか?

 

消費
しょうひ
consumption

人間の欲望を満たすために物財を費やす行為。消費は人間生活を維持,向上させるために行われるが,この点からみれば経済活動の基軸をなす生産は最終的には消費を目的としているといえる。一般的には以上のような個人的,日常的消費をいう

コトバンクより引用

引用文では「人間の欲望を満たすため」となっていますがここで言う人間の欲望とは「食欲」「性欲」「睡眠欲」などの生物としての根源的な欲求を満たすもので、かつ生きていくために必要な物のことです。

 

つまり生きてればかかるお金のことですね。

 

消費とは木になるリンゴを食べる行為

消費をリンゴの木に例えるなら「木に生る果実を食べること」に当たり、リンゴの木はそのままにして毎年生る果実だけを食べ続けます。

「木」自体は元気なまま果実だけを食べるので1年後も2年後も同じ量だけど毎年収穫し、食べ続けることができます。

 

浪費とは?

アタッシュケースから札束が出ていっている画像

 

では次に浪費とはなんでしょうか?

 

らんぴ【乱費・濫費】

( 名 ) スル
金銭をむやみに使うこと。むだづかい。 「資金を-する」 〔類義の語に「浪費」があるが,「浪費」は金銭だけでなく時間・資源などをむだに使う意を表す。それに対して「乱費」は金銭をむやみに使う意を表す〕

コトバンクより引用

つまり消費が「しょうがなく使わざるを得ないお金」に対して浪費は「積極的に使いに行くお金」のことです。

 

浪費とは木自体を切り倒してしまう行為

浪費をリンゴの木に例えると「リンゴを収穫し、木自体も切り倒して薪にしてしまう行為」です。木自体は上手く育てれば翌年もリンゴを作ってくれるのに一時の暖かさを求めて薪にしてしまうのです。

投資とは?

奥にブロッコリー手前に自転車がある画像

金を育てて大木にしよう

 

では最後に私達投資家も行っている「投資」とはどういった物でしょうか?

 

とうし【投資】

( 名 ) スル
①利益を得る目的で,資金を証券・事業などに投下すること。 「新事業に-する」
②【経】 〔investment〕 生産者の実物資本の増加分。設備投資・建設投資・在庫投資の三種に分類できる。資本形成。

コトバンクより引用

つまり「消費」と「浪費」がどちらも欲求を満たす為にリンゴの果実を食べていたのに対し、「投資」の場合は1年に食べる量を減らし、その余った果実を植えて新たな「木」を育てようとする行為です。

 

投資とは翌年以降のことを見据えて木を増やし収穫量を増やす行為

投資をリンゴの木に例えると、「3個できた内の2個は食べて1個は地面に植えて来年以降は4個収穫できるようにしようという行為です。」

当然「浪費する人」や「消費だけに費やす人」に比べてリンゴを食べられる数は少ないです。薪としても使わないので両者より一時的に生活水準は劣りますが、数年後、10数年後にはリンゴがリンゴを作り食べる物には困りませんし、リンゴを売って薪を買うこともできるようになるでしょう。

 

投資とは将来を見据えてするものなのです。

 

まとめ

  • 今お金を使うことは簡単だが、消費や浪費は一時的な欲求を満たす物にすぎない。
  • 浪費は消費よりも更に将来的な資産に対して深刻なダメージを負わせる。
  • 投資はお金を産む仕組みに対してお金を投じることである。


スポンサーリンク

 - 株式投資初心者向け解説