UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

タバコや酒等の人の習慣(依存)に取り入った会社には投資するべきか

      2016/01/03

こんにちは。れーさんです。

皆さんは「21日の法則」ってご存知ですか?

 

スポンサーリンク

 

一度習慣が付いたものは中々止められない

黒い灰皿に吸いかけのタバコが置いてある

中々やめられないタバコを作る企業の利益率は高い

 

21日の法則とは人間が21日間同じ行動を続けると、22日目からは意識しなくても習慣化してしまうという現象です。

最近はこの法則を禁煙に活用しようという商品もでてきています。

つまり21日間禁煙パイプを吸ってもらって「ニコチンを摂取しない」習慣を体に覚えさせる禁煙商品です。

 

 

こんなことで人間の習慣は簡単に植えつけられるんです。

簡単に植えつけられる「人間の習慣」ですが簡単に植えつけられる割に一旦習慣化すると超強力な鎖になります。

 

 

それは言い方を変えれば依存とも言います。

 

習慣≒依存

 

ということは消費者が習慣化する物を販売する会社に投資すると面白そうですよね。

 

習慣化(依存化)されている商品とは?

頭を抱えている男性の画像

あぁ、やりたい・・・我慢できない・・・

 

日常生活を見渡せば習慣化(依存化)されている物はたくさんありますね。

  • タバコ
  • ギャンブル全般(パチンコ、競馬、競艇など)
  • ファーストフード(ハンバーガー、コーラ、ポテチなど)
  • オンラインゲーム
  • 借金

などなど人によって異なりますが人の習慣に取り入った商品は沢山あります。

中でも依存性が強烈なのが嗜好的に依存する商品ではなく、肉体的、精神的に依存する商品です。

つまり上記の中では「タバコ」「酒」「ギャンブル」「借金」です。

これらの商品を扱う企業は継続的に高い利益を叩きだしています。

 

依存性の高い商品は結果的に法に守られている

掌をこちらに向けている警官の画像

この企業の利益はワシが守る!

なぜ高い利益を継続して出せるのか?

 

その理由は法規制にあります。

例えば日本でしたらタバコの製造販売は許可制になっています。勝手に作ったり販売しちゃダメですよね。

また、ある範囲に一定数以上の販売店は置いてはならない。というような決まり事もあります。タバコは依存性がありますから販売窓口が増えすぎると、国民の健康が損なわれてしまうので規制がかかっているわけです。

当然酒やギャンブルも特別な許可を得ないと製造販売してはいけない商品になっています。

 

しかしこれらの規制は裏を返せば既に製造販売している企業が「法に守られている」とも言えます。

一旦製造や販売の許可を得て地域のシェアを確保してしまえばライバルは簡単には割って入れないのです。販売許可がおりませんからね。

 

皮肉なことに「国民を守るため」の法律が結果的に販売企業を守る事に繋がってしまっているのです(笑)

依存性のある商品を取り扱う企業に投資すべきか?

 

高い利益率、法で強固に守られた製造販売権利、投資対象としては万全のように思えますが一つ問題点があります。

 

それは「社会の役に立っていないどころか社会を破壊する可能性のある企業に投資する」という良心の呵責です。

 

例えば一般消費財メーカーのP&Gは経済活動をすることで結果的に便利で安い洗剤や薬局を市民の身近に配置するという社会的貢献をしています。

また私が投資しているIBMは「世の中をより便利により効率よく動かそう」という目標があり、それに向かって進んでいます。

ワトソンは今も様々な顧客の負担を減らす為に日々研究されています。

IBMの人工知能WATSONの画像

IBMの人工知能WATSON

 

このように企業は基本的には経済活動に伴って社会をよりよくしていこうという考えがあります。(もちろん利益が最優先であることは間違いありませんが。)

そんな企業が沢山あるのに「タバコ」や「酒」「ギャンブル」なんかを扱って利益をあげている会社に投資していいのか・・・と思う方も多いかと思います。

 

 

しかし投資をする上で「社会貢献」をしているか否かなんてのを考える必要は全くありません。儲かるチャンスがあるなら投資すべきです。

 

 

なぜなら私達が株の不買運動したところで企業側からすれば痛くも痒くもないからです。

株というのは株券発行で出資した人だけが、本当の意味での出資者であって私たちが普段取引しているのは「その時点からのリスクを出資者から買い取った」だけで企業からすれば「発行済み株券の持ち主」が変わっただけで何の意味もないんです。

 

つまり株の不買運動をしたところで私達投資家が「機会損失」をするだけの話です。

 

ですので投資をする際は一旦正義感など投げ捨てて「本当に投資価値(儲けさせてくれる)のある会社に投資すること」だけを突き詰めればいいのだと思います。

離煙パイプGR 31本セット (Rien Pipe グローバルレギュラー)

新品価格
¥12,960から
(2015/10/27 21:46時点)


スポンサーリンク

 - 株式投資初心者向け解説