UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

株をするならプロの取れないリスクを取ればいい

      2016/01/02

こんにちは。れーさんです。

今読んでくださっている方は投資を始めたばかりの方でしょうか?それとも熟練者の方でしょうか?

スポンサーリンク

投資をするのに全てを網羅する必要はない

短距離走スタート直後のモノクロの写真

誰よりも早く走る必要はない

 

私のブログは投資ブログなので恐らく見てくれている方は投資をしている人だと思います。

そこで質問ですがあなたは他の投資家に対して自分の投資手法や銘柄選択を自信を持って説明できますか?

特に自分より優れた運用成績を持つ人に説明できますか?

 

 

 

 

「できる」と答えた方は世界一の投資家ウォーレン・バフェットに対しても説明できますか?

 

 

 

 

 

恐らくどんなに結果を出している投資家の方もウォーレン・バフェットに直接説明するのは相当勇気がいると思います。

何故ならウォーレン・バフェットの有する「投資」やそれに付随する「経済」に関しての知識は世界一と言っても過言ではないからです。どんなに金融工学を学んだ優秀な方も彼の知識や経験の足元にも及びません。

これはもう彼の投資成績を超える人物が世界に殆ど存在しないことから疑いようのない事実です。

 

 

私が何を言いたいのか良く分からないと思いますし、「ウォーレン・バフェットに説明できないなんて当たり前だ」と思われるかもしれません。

 

しかしそれでいいんです。

 

 

 

プロと同じ行動をしてはいけない

 

長く伸びる線路の写真

投資家には沢山の選択肢が用意されている

 

私たちは小難しい投資理論や経済を専門用語を用いて説明できる必要はないんです。

 

 

例えば輸出入企業に多大な影響を及ぼす為替相場ですが、今後の予想をするのは至難の業です。為替というのは基本的に投資家同士の思惑で決定していますから。

しかし予想できれば多大な利益を得ることができるし、損失も回避することができますから皆こぞって為替相場の今後やそれに伴う輸出入企業の売り買いを予想します。

 

だけど一般人に為替相場の予想をすることなんてできません。だって私たちより知識豊富なプロでもできていないんですから。

 

だけど利益を得たいから予想したい。

 

すると大抵の人は一般的に周知されている経済指標とそのコンセンサスを持ち出して「市場の期待」を裏切るか超えるかで予想し、実際に超えたか否かで投資判断をします。

 

だけどそれって結局やってることは経済を予想しているのではなく「周りがこう動くから、周りがこう予想するから自分も波に乗ろう」としているだけなんです。大きな波(投資家の多数決)に乗ろうとしているだけです。

右に倣えではリターンが見合わない

紐で結ばれた椅子が空中にある画像

椅子取りゲームは素人がするべきではない

 

ここで最初の質問に私が答えた場合ですが、私は絶対バフェットに説明なんてできません(笑)

 

私の頭の中にある妙ちくりんな投資理論をバフェットに説明しても一笑に付されるのがオチでしょう。プロの相場の常識からは恐らく外れているであろう事をしているからです。

笑われるのが分かっているから恥ずかしくってとても説明なんてできません。

 

 

ですが私はそれで笑われたっていいと思っています。

 

 

「周りがこう動くから自分も波に乗ろう」とするのは突き詰めると世界中の投資家と「イス取りゲーム」をしているだけに過ぎないのです。

そして私たち個人投資家は「絶対」にその方法でプロよりも大きな利益を上げることはできません。「絶対」にです。

その理由はアローヘッドに代表される超高速取引であったり、そもそもネットワークの末端にいる私達では情報を得るのが致命的に遅かったりするからです。

 

つまり私達素人投資家が「イス取りゲーム」をしても極少数の小さなイスを取れる素人と、大多数のイスから振り落とされる素人に分かれるだけで取るリスクに対してリターンが見合っていないのです。

 

株式市場に参加している95%は「投機家」である

 

プロが取れないリスクを取れるのが素人投資家

時計の文字盤を拡大した写真

時間を活かして投資を成功させよう

プロが取りたくないリスクって何だか分かりますか?

それは「時間」です。

 

プロは「目先5年は超低迷するけど10年後には大きく成長しているであろう」企業には投資できないのです。

 

何故ならプロに資金を預けるタイプ(投資信託等)の金融商品を買う素人投資家は往々にして「目先の利益」に敏感だからです。つまり彼らから資金を預かったプロは長期的な展望での投資を許してもらえず1年後、半年後、下手すれば一か月での成績を求められます。

だからこそ相場の未来を予想し、他の投資家の裏をかき、誰よりも早く情報を得て、誰よりも早く取引を成立させなければいけないのです。

(あ、バフェットやピーターリンチは別ですよ。彼らはプロなのにそれができるからとてつもないパフォーマンスを発揮できたわけです。)

 

私達よりはるかに優秀なプロ達は「仕方なく」目先の利益を追求せざるを得ない環境に立たされているから「イス取りゲーム」を全力でプレーせざるを得ないんです。

 

しかし私達素人個人投資家は時間のリスクを取った投資をすることができます。

 

これが今回私が伝えたかった事です。

 

つまり私達素人投資家はワザワザ猛者が全力で椅子取りゲームしている戦場に参戦しなくても、「プロの目線で言えば笑われるが将来的に素晴らしいパフォーマンスを残せる銘柄」を選ぶことができるということです。

 

そして私達がプロに追いつき追い越せる可能性があるとすればその道だけです。

ダウの犬投資法 ──プロにも株価指数にも勝つ「単純」戦略

スポンサーリンク

 - 株式投資初心者向け解説 ,