UStock.com | バリュー投資実践ブログ

初心者投資家がウォーレン・バフェット氏を見習いバリュー投資で米国株に投資するブログです。投資に対しての心構えや投資銘柄についてのお役立ち情報も掲載していきます。

初心者が株式投資を始める際に感じる6個の不安や勘違い

      2015/12/07

こんにちは。れーさんです。

今日は私も自称している初心者投資家が投資を始める際に感じる不安とその解決方法を考えたいと思います。

 

続きから。

 

スポンサーリンク

不安

このままじゃダメなのは分かっている・・・でも不安。

 

株式投資初心者が感じる不安

恐らくこのブログを読んでくださっている方の中には私と同じ初心者の方、もしくはこれから投資を始めようとしている方が多いのか、「初心者 投資」という検索ワードで見に来てくださっている方がチラホラおられます。

 

そこで少しでも役に立つ情報として、私が投資を始めた時に感じていた不安や勘違いを数回に分けて振り返ってみたいと思います。

尚こちらのブログでは投資=株式として話を進めていきます。ご了承ください。

 

 

さて私が主に感じていた不安や勘違いは以下の通りです。

 

 

パッと思いつく限りではこの6個です。

リストアップしてみて気づいたのですが、私自身が感じていた不安や勘違いには共通する点がありました。

初心者の不安や勘違いに共通するのは

 

それはいずれの不安や勘違いも「根拠が薄い」ということです。

例えば「株は借金背負って破産する人が大半」はその典型例で、漠然とそう思っていました。

というのもメディアに出てくる投資家というのは「極端な投資家」が出てくるんです。

 

勝ち組としては「BNF氏」に代表されるような数百万から資産数百億円を築いた!みたいな例で、負け組としては全力信用二階建てをして、仕手株に投資し逆レバレッジがかかり借金地獄に陥った人等が出てきます。

 

それらを鵜呑みにして「株は一か八かの大勝負」みたいな誤ったイメージを持ってしまっていました。

 

 

これはメディアが悪いわけではなく、そういう人物じゃないと話題にしても面白くないから当たり前なんですよね(笑)

10年で資産を200万円から1000万円にしました!では少し印象が薄いですものね。(実際の所は10年で5倍は素晴らしいパフォーマンスです。)

だから基本的に目立つ情報というのは「投資家の極端な例」であって「投資家の平均例」ではないのです。

 

漠然とした不安で人生を左右してしまうのは勿体ない

 

上記のように私を含めた投資の初心者が感じている不安や勘違いっていうのは根拠が薄く、漠然としたものである場合が多いように思います。

 

今回は一例を考えてみましたが、まだまだ投資初心者が感じる不安や勘違いというのは沢山ありますので次回以降数回に分けてそれらの不安や勘違いを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 - 株式投資初心者向け解説